ABOUT

IT戦略を推進するパートナー

デジタルアーツコンサルティング(以下、DAC)は、サイバーセキュリティ領域で確かな実績を築いているデジタルアーツ社の戦略子会社として設立されました。
企業におけるITはビジネス戦略そのものであり、また、企業におけるセキュリティリスクへの対策は非常に重要な経営課題の一つとされています。それら企業経営に関わる重要な課題に直面するクライアントを支援するため、コンサルティングに特化した組織としてDACは誕生しました。
当社は、クライアントのIT戦略とリスクマネジメントの最適化を進めるパートナーとして、クライアントの持続的な成長に寄与してまいります。

会社名 (英文名:Digital Arts Consulting Inc.)
所在地 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア
ウエストタワー14F
設立 平成28年(2016年)4月1日
資本金 7,000万円(平成28年4月1日現在)
代表者 代表取締役社長 松本 忠雄
事業内容 情報セキュリティコンサルティング等

DACの特徴 セキュリティリスクへの包括的対応を実現する
サービス体制

DACはコンサルティングサービスを機軸として、クライアント企業のデジタル化による変革とリスクマネジメントの実現をワンストップで支援するサービスを展開しています。その特徴はコンサルティングに留まらない事業領域でクライアントを支援する点にあります。
コンサルティングに加え、先進技術・プロダクトの提供、さらに損害保険会社と連携したサイバーリスク保険の活用など、進化する脅威、リスクに対して最適解となる防御策を講じつつ、セキュリティリスクによる経営への影響度を低減するための対応策をワンストップで提供します。

DACの特徴

DACの強み 20年の実績に裏付けられたコンサルティングサービス

従来のサイバーセキュリティサービスは、主にシステム運用に携わるシステムエンジニアが担っており、その多くは個別最適・部分最適でのサービス提供に偏りがちでした。しかしながら、サイバーセキュリティリスクが経営リスクとして認識され始めている今、従来のサイバーセキュリティサービスでは企業全体への課題認識の浸透、全社最適な対策に十分とは言い難いものであるのは明白です。
DACの強みの一つは経営層へのコンサルティングに従事してきたコンサルタント・タレントの豊富さにあります。大手コンサルティングファーム出身のメンバーを中心に組織を組成し、事業戦略、業務、ITまでのコンサルティングサービスを提供できる体制を整えています。さらに親会社であるデジタルアーツは、20年以上にわたってセキュリティソリューションを提供し、企業のセキュリティレベルを高めてきた実績・ノウハウがあり、タレントとノウハウの相乗効果により他に例をみないセキュリティコンサルティングサービスを提供しています。

DACのミッションとビジョン 日本発のグローバルセキュリティ
コンサルティングファームへ

DACは以下の重要な2つのミッションを掲げています。
「より多くの価値をクライアントに提供し、クライアントの期待値を上回ることに常にフォーカスする」
「クライアント内部のステークホルダーと一体となって、クライアントが求める以上の結果を出し続けることにコミットする」
これらを持続的に実践することで、クライアントの成長をサポートし、クライアントに常に選ばれ続ける企業になることを目指しています。
また、クライアントのセキュリティレベルをグローバル水準で引き上げることを目指し、『日本発のグローバル・セキュリティコンサルティングファーム』に進化することが、私たちのビジョンです。